フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2012年 ビデオカメラは値崩れが起こっている? | トップページ | 今がお買い得?インターネットで買えるノートパソコンなど »

2012年10月 4日 (木)

いよいよプラズマテレビも絶滅寸前?

 どうも月ペースになってしまいますね。
 まあ、不定期なので・・・。

 最近よく家電量販店に立ち寄って、色々見るだけ見てくるのですが、
タイトル通り、まあ液晶TVの独壇場という売り場展開になっていますね。

 そこで、今どれぐらいのプラズマTVが購入可能か

 その辺を少しピックアップしてみました。
--------------------

 

テキスト/画像は楽天市場又はアマゾンにリンク

 2012年10月現在のパナソニック最上位モデル
ZT5シリーズ 50インチ/65インチ 2種類のみ (メーカーサイト
サイズによる最安値比較で倍ぐらい値段が違いますね。

 1   2
(約25万円)        (約50万円)
 1【在庫あり】【16時までのご注文完了で当日出荷可能!】Panasonic TH-P50ZT5 VIERA(ビエラ) 3D...
 3【10/5am9:59迄ダイヤプラチナ3倍ゴールド2倍】【Joshin webはネット通販1位(アフターサービス...
(65V 約47万円 *2,3画像テキスト別店舗)
アマゾン検索 「 THP65ZT5 」  「 THP50ZT5 」 

 GT5シリーズ サイズ4種類
(左から42 50 55 60)
       

研ぎ澄まされた黒が描き出す、高画質プラズマモデル。【台数限定】【ポイント5倍】【2sp_121004...
 ★★ソフマップなら不要なパソコン・AV家電など買取中!★★【送料無料】 パナソニック VIERA T...
  本体 NTT フレッツ光 新規加入 西日本 東日本 キャンペーン 料金プラン ライト 送料無料 激安 ...
   【送料無料】パナソニック60V型 地上・BS・110度CSチューナー内蔵 3D対応フルハイビジョンプラ...

*画像テキスト別店舗
**関連するある2つの記事を発見・・・2番目を先に読んだ方がいいと思います。
2番 ・1番
***余談 アマゾン等のクレジット支払い
後にあとからリボで手数料入りの分割形式に出来るらしいです。(要確認!)
 
================================================

 そういう訳で、今回記事の主な内容は後半に送りました。

 ちなみに我が家のTV環境は、
居間というかまあ家の中央にフラットタイプの普通ブラウン管TV、
自室に2006年頃の日立のプラズマTV(確か37V)という構成で、
あと使われていない古いブラウン管も捨てずにおいてありますが、
まあ液晶テレビは今のところ導入されていません。
(近々場合によっては家族が1台導入する可能性があります。)

 よってモニターとして確実に利用しているのは
パソコン、ノートPCや携帯(及び携帯ゲーム機)の液晶ということになりますね。

 ところでその絶滅寸前に迫るプラズマTVと繁栄を続ける液晶TV、
実際に画質の差はまだ(2012年でも)あるのかどうか・・・?
その辺り、もしテレビを今一度買い替えたい、買い足したいという、
奇特な方には大きな疑問の一つではないでしょうか?

 その辺りについては私の主観になるので、
正しいとは間違っても言えませんが、直観的に言えば「まだありました。」

 よく比較材料にされる消費電力ですが、
そんなことはハッキリ言って気にしなくていい問題です。
(常時点けっ放す訳でもない上に、1個の製品の消費電力より家庭の総使用量の問題です。)
この辺を売りにするなら本当は最大消費電力と最低(最小)消費電力を計測して、
測定条件下とは言え、それをちゃんと公表すべきと思います。
いずれにしても、プラズマテレビの省エネ化は大きく進んでいるようです。
また、使用時の発生熱量もそれによって軽減されているようですね。
(多分充分熱いと思いますが・・・。)

 で、画質の話ですが、
パッと見やある程度の条件下で大きな差は感じられない・・・というのが基本です。
そもそもプラズマが圧倒的に劣勢に立たされた理由は
やはり小型のTVを製造出来ないという弱点にあったと思いますが、
それ以外に目に見えて液晶よりスペースを取る厚み、
実際の重みというのもあっただろうと思います。

 ただ、この構図もHDDはじめブルーレイなど、録画機器内蔵モデルの増加により
場合によってはそれほど大きな差ではないこともあるようです。
しかし、それでも重量は流石に如何ともし難い気がしますが・・・。

 TV不要論がありますが、
その主な部分としてはやはりTVの番組コンテンツの魅力が
余りに下がっていることに尽きるでしょう。
地上デジタル化で実感としては高画質化以外に大きなメリットが無かった?にも拘わらず、
それを敢えて高画質で見なければならないような番組が少ないのでは本末転倒です。
と同時に、情報取得先がインターネットに移行したというのもそうでしょう。

 要するに、必需品から再び嗜好品に戻ったということだと思います。

=============================
ここの話を個人的にもう少し突っ込むと、
動的映像が(非常に)少なくなったイメージがあります。
これが液晶で満足出来る最大要因でもある訳ですが、
ニュースにしてもバラエティ、ドラマにしても、
ほぼ静止画的シーンが多いのではないでしょうか?

ただ、これには撮影カメラの方も影響しているようで、
これも結局は条件が液晶向きに流れているということだろうと思います。
=============================

 ようやく画質の話になりますが、
丁度液晶とプラズマが並んで同じ番組を放送していたのを観た際、
その液晶は当然上位モデルでは無かった訳ですが、
(2倍速ぐらいは・・・という気もしなくもなかったですが忘れました)
スポーツ、ラグビーの映像でしたが、
全く話にならないぐらいの残像感とクッキリ感でした。
2倍速はそもそもそれ程では無いので
他番組で見てもちょっと激しい動きの映像になると微妙ですが、
5~6万するものがこれではちょっとどうかな~・・・と率直に思った瞬間でした。

 だからですね、プラズマにも欠点が多いと言っても、
やはり基本性能そのものはプラズマTVの方が上であることはまだ間違いないと思う訳です。
この辺りから考えると、液晶テレビで10万円以上するものを選択肢に含めた時、
そういう時であれば、
今一度プラズマテレビを購入対象として検討してもいいのではないか?
・・・と思います。

 こういう記事を書くのは、どっちが好い悪いというより、
ブラウン管やビデオデッキの時もそうですが、
折角そこまで培ってきた技術をほぼ全て捨て去るような移行の仕方、
それに対して疑問があるからです。

 本来優れたもの、優れた技術は
一時の利益優先ぐらいで放棄する程安いものとは思えません。
(その為に潰す訳にはいかないという話になる訳ですが・・・)

 プラズマテレビは液晶より視聴条件を選ぶということで、
ここも一つのネックではあります。
その条件を少し書いておきます。

 ・可能な限り室内を暗く出来る部屋・場所
 ・可能な限り空調をしっかり出来る

 この2つでテレビの良さ(実力)を7~9割方引き出せるだろうと思います。
また、テレビにしてもカメラにしてもあくまで「再現」という意味では、
そこにキレイの好みや妥協が生まれるのは当然のことだとも思います。

 ちなみに、画質論争?掲示板等によると、
最高のテレビはレーザーテレビという意見がありました。
これはレーザープリンターが一番綺麗という意見と恐らく同じ理屈ですね。
恐らく一般に出回る可能性は低いと思いますが、そういうことのようです。

 ということで、本当に液晶一択ですか?・・・として今回は終わりです。
 それではまた、出来ればそう遠くない内に更新致します。

 それではよい買い物を?

« 2012年 ビデオカメラは値崩れが起こっている? | トップページ | 今がお買い得?インターネットで買えるノートパソコンなど »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1549279/47306675

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよプラズマテレビも絶滅寸前?:

« 2012年 ビデオカメラは値崩れが起こっている? | トップページ | 今がお買い得?インターネットで買えるノートパソコンなど »